週1回の英語教室では英語は身に付かない!?

おうち英語だからこそ、お子さんが安心して英語を身につけられる秘密をご紹介

 

登録はこちら!

 

 

 

期間限定特典を「4つ」プレゼント!

 

1.動画
「オンライン英語絵本サイト○○の使い方」

2.動画
「英語手あそびを練習しよう」

3.レポート
「英語イヤイヤ期のお子さんへの対処法」

.レポート
「英語教室に通わせているのに子供が英語が分からないのはなぜ? 」

 

 

 

こんな思いを抱えていませんか?

 

 

  • 我が子には英語で苦労してほしくない
  • 週1レッスンではなかなか身につかない
  • 自宅で英語を触れさせたいけど、何からやっていいのか分からない
  • 英語が苦手だから私が英語を教えていいか不安
  • オススメの教材を教えてほしい
  • 勉強勉強!ではなく、楽しみながら英語を覚えてもらいたい
  • 高額教材を使わずにおうち英語をやりたい
  • 日々の家事を離れて、子どもとリラックスタイムが欲しい
  • 英語絵本に興味があるが、読み方が分からない
  • 自分の英語の発音に自信がない
  • 習い事に通わせる金銭的余裕がない

 

などなど・・・

 

 

私も同じ悩みを抱えていました

 

 

はじめまして、「絵本とねこの英語教室」の宮下香菜(かな先生)と申します。

福島県で自宅・オンラインで英語教室を開いています。

 

高校生の娘1人、中学生の息子1人、夫の4人、それと3匹の猫たち。

 

毎日にぎやかな暮らしです。

 

 

今はおうち英語は卒業しましたが、子供達が小さかった頃は毎日おうち英語を取り入れていました。

 

「毎日!?ちょっと大変そう・・・」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

 

私が自宅で英語を使って子供達と接していたのは10分程度。

 

あとは英語に関しては私は何もせず、子供達の自由にさせていました。

 

 

「あの有名な高額教材使ったんでしょ」という声も聞こえる気がします。

 

結婚が早かった私達夫婦には、残念ながらあんな高額教材を買い与えてあげる余裕はありませんでした・・・。

 

 

 

実は、英語劣等生でした

 

 

 

今でこそ、英語を使った仕事をしていますが、私は元々は英語がすごく苦手でした。

 

英語を学び始めたのは中学校1年生。

もしかしたら皆さんより遅いかもしれません。

 

中学2年生まで英語の評価は2。

簡単な挨拶も、分かったのは「グッモーニン」のみ。

 

教科書を見ても何が書いてあるのかさっぱり分かりませんでした。

 

 

そんな私でも、あることがきっかけで英語を克服し(詳しくはメールレッスン内で紹介します)、

ありがたいことに英語でお仕事をさせていただいています。

 

我が子を出産したときに最初に思ったのは

 

「この子には英語の苦労はさせたくない」

 

ということでした。

 

私は中学生の時にさんざん英語で苦労をしてきました。

英語は、将来受験をするときに、文系でも理数系でも必須な教科。

 

しかも今は「英語は得点を2倍にする」という学校もあります。

英語ができないと、子どもが将来の夢を考えたときに「その目標を目指すこと」すら出来なくなるかもしれない。

 

そのようなことがないように、高額なお金は使わずにどうすればいいのか考えました。

 

その結果たどり着いたのが、今の「おうち英語」スタイルです。

 

 

あること習慣化させただけ!

 

 

実は今おうち英語でやっている2つのことを習慣化させただけなんです。

しかもたった1日10分だけ。

 

私がたどりついた答え、それが「手あそびうた」「英語絵本」でした。

 

手あそびうたと英語絵本でしたら、小さいときからお子さんに取り入れやすいです。

また「1日10分」くらいなので、家事や育児の負担にもなりません。

 

むしろ子どもと一緒に歌ったり、絵本を見ることで癒やされている私がいることに気がつきました。

 

英語の絵本は日本の絵本と比べるとカラフルで見てみてとても楽しいです。

 

オチがついているものも多いので、思わず笑ってしまう時もありました。

 

私は子供達が布団に入る前に10分間「親子英語ふれあいタイム」として絵本を読んだり英語の歌を一緒に歌っていました。

 

 

 

 

 

思わぬおまけもゲット!

 

おうち英語をスタートしたのは10年以上前、小学校4年生くらいまでは続けていました。

小学校5年生になると親離れが始まり、私と遊んでくれなくなりましたので・・・。

 

ですが、おうち英語の効果を強く感じたのはその頃からでした。

 

おうち英語以外は塾や習い事にも行かせていない娘でしたが、英語の成績はなぜか良かったのです。

特にリスニングですね。

 

また英検3級を中3の2回目で受けました。

我が家は子どもがやる!というまでは資格試験を受けさせない主義でしたので、この時期に英検を受けるのは結構普通のことです。

 

英検には合格しました。

そこまでは何となく予想はしていたのですが、娘の成績が県内上位1%に入っていたのです。

 

学習塾に勤めていた時代にも、このスコアはあまり見たことがありませんでした。

どうせなら英検準2級受けさせておけば良かった・・・。

本気でそう思いました(笑)

 

 

学習塾に行かなくても、とりあえず学校の英語は問題なく好成績を取れる。

例えば中学校3年間英語を塾で習ったらどれくらいでしょう?

ちょっと計算をしてみました。

 

私が中学英語を教えている時の月謝は平均1万円です。

3年間は36ヶ月なので・・・

 

1万円×36ヶ月=36万円。

 

何と36万円の価値があるんです!

 

しかも1人につき36万円。

私は2人子どもがいるので72万円分!!

 

 

今は小学校5年生から英語が教科として評価されるようになりました。

その場合、4年生くらいから塾に通わせる人も多いですよね。

 

 

小学校の英語教室代を6千円と考えると

 

6千円×36ヶ月=21.6万円。

 

 

小学校、中学校で英語塾に通わせた場合は57.6万円。

子ども2人分ですと、115.2万円!!!

 

結構な金額になりましたね・・・

これだけの価値がおうち英語にはあるんです。

 

 

しかもおうち英語で親子の絆も深まっていきます。

これはお金以上の価値ですよね!

 

 

 

英語ができる人と出来ない人の差

 

 

お金の話といえばですが・・・

英語が出来る人は出来ない人と比べて年収が平均200万上がるそうですよ^^

 

 

ネットの普及により、世界を相手にできるようになりました。

英語が出来るのが当たり前の時代は、もうすぐそこまで来ています。

 

またこれからの時代は情報を早く集められた人間が得をします。

 

英語ができると、日本で得られる情報の10倍の情報を得ることが可能です。

10倍の差は大きいですよね・・・。

 

もっと近いところで言うと大学共通テストの英語の問題も、文法の知識で答えられるものではなく、

長文の情報を読み取って答える問題がほとんどになりました。

 

あの長文に圧倒されることなく問題を解いていくためには、英語に慣れ、

すばやく情報を得ることが必要になります。

 

その訓練は高校生になってから準備するのでは少し遅いです。

小さい時から英語に触れ、英語を読んだり聞いたりするのが苦痛ではない人が得をしますよ^^

 

 

 

 

英語力アップ以外のメリットも・・・

 

 

おうち英語のもう一つのメリットは「自己肯定感がアップする」ことです。

自己肯定感がアップすると

 

 

  • ポジティブになれる
  • メンタルが強くなる
  • 優しい人になる
  • 自分なりの価値観をもっている
  • 表現力がつく
  • 集中力がつく
  • チャレンジ精神が豊富になる

 

このようにメリットばかりです。

この中で「我が子にはこうなってほしいな」と感じるものはありませんでしたか。

 

 

おうち英語をすることで、他の人よりも得意なものを最低1つは作ることができます

そうすると、自分に自信を持つことができるんですね。

 

自分に自信を持っている人は他のことにもどんどん挑戦したくなります。

他にも得意なものが増えると、ますます自己肯定感が上がりますよね。

 

 

時には新しい習い事で失敗してしまうこともあるかもしれません。

ですが、一度おうち英語で成功体験をしているので、簡単には諦めない人に成長しています。

 

失敗しても前向きに色々なことに取り組めるようになるんですね。

 

 

 

自己肯定感が強い人は自信家・いわゆるナルシストとは異なり、相手にマウンティングばかりはしません。

マウンティングをしてしまう人は自己肯定感が低く、メンタルが弱めな人の特徴です。

 

 

一方、自己肯定感の高い人は内に秘めた自信や相手を思いやれる気持ちから自然に周りに人が集まってきます。

自己肯定感が高い人に成長していれば、お子さんが学校や社会に出るときも安心なのではないでしょうか。

 

 

 

 

何歳からはじめればいいの?

 

 

英語のスタート時期は早ければ早いほどいいと言われていますが

 

「うちの子は幼稚園になっちゃったし・・・」

「小学校に上がっちゃったしな・・・」

 

と諦めるのはまだ早いです!

 

 

子どもの英語学習の臨界期は9歳と言われており、それ以上成長してから始めると文字として音を認識するようになります。

 

9歳は日本語耳がしっかり完成している時期なので、そうなってしまうと英語の音をそのまま吸収するのが非常に難しくなるんですね。

 

このような理由から、お子さんが9歳になる前に英語にふれさせる習慣をつけておくことをオススメいたします。

 

 

 

 

 

週1回の英語教室では英語は身に付かない!?

おうち英語だからこそ、お子さんが安心して英語を身につけられる秘密をご紹介

 

 

登録はこちら!

 

 

 

 

 

期間限定特典を「4つ」プレゼント!

1.動画
「オンライン英語絵本サイト○○の使い方」

2.動画
「英語手あそびを練習しよう」

3.レポート
「英語イヤイヤ期のお子さんへの対処法」

.レポート
「英語教室に通わせているのに子供が英語が分からないのはなぜ? 」

 

おうち英語実践者の声

 

 

 

 

  • 娘にはまだまだ絵本は、、、と思っていましたが、聞いて覚えて真似をしてと何とか楽しく取り組めています。娘のやりたい気持ちを大事にしてこれからもフォローしていきたいと思います。
  • 英語に全く興味を示さなかった息子でしたが、思った以上に積極的に学んでくれて、楽しく身につけていっています。

 

 

お子さんの未来のための贈り物

「1日10分」始めてみませんか?

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

私は子供達に英語で苦労をさせたくないという想いから、1日10分の「親子英語ふれあいタイム」を始めました。

 

高額な教材を買う余裕がなかった私は「手あそびうた」「英語の絵本」で子供達に英語の基礎英語力をつけてあげることができました。

 

おまけに自己肯定感もつくという、自分でも予想外のおまけつき!

あの時、思い切っておうち英語をやってみよう!と思って良かったな~と思います。

 

 

この無料メールレッスンを受けただけでは、お子さんの基礎英語力と自己肯定感は残念ながら育ちません。

メールレッスンを見たその日から、実践できることを少しずつ進めてみてください。

 

 

あなたがおうち英語を始めるきっかけになり、お子さんの基礎英語力と自己肯定感がすくすくと育まれますように。

 

 

絵本とねこの英語教室 宮下 香菜   

 

 

 

週1回の英語教室では英語は身に付かない!?

おうち英語だからこそ、お子さんが安心して英語を身につけられる秘密をご紹介

                              

 

登録はこちら!

 

 

 

 

 

 

期間限定特典を「4つ」プレゼント!

 

 

1.動画
「オンライン英語絵本サイト○○の使い方」

2.動画
「英語手あそびを練習しよう」

3.レポート
「英語イヤイヤ期のお子さんへの対処法」

.レポート
「英語教室に通わせているのに子供が英語が分からないのはなぜ? 」

 

 

 

  プライバシーポリシー